社会人にとっての疲れとストレス

現代社会を生きる社会人にとって、疲れとストレスの2つは大きな敵である。
会社員として仕事をしていく中で、どうしても疲れは溜まるし、ストレスもかかる。それはある意味で避けられないことだし、やむをえないことだ。ほんとうに自分の好きなことを仕事にしている人なんて、1パーセントもいないだろう。他の99パーセントの社会人たちは、さほど興奮しない仕事と毎日向き合い、成果を出して、生活の糧としてのお金を手にしているのだ。
性格が明るい人なら、まさか自分にストレスがかかっているとは思わないだろう。しかし、ストレスというのはおそろしいもので、目には見えないものだから、自分でも無意識のうちに、少しずつストレスを受けているものである。それは、仕事の出来具合いや、職場での人間関係、プライベートでの出来事など、様々なところで顔を出す。
ストレスのかかった状態で疲れがたまると、体調に異変をきたして、病院送りになってしまう。
社会人、特に若手の社会人は、意識的に疲れとストレスを取り除くために、リラックスできる時間を大事にしなくてはいけない。akamaiproperty.com