電車に乗るときの思いやり

この間、友人と電車に乗ろうと車両の中に入ると、少し混んでおり、2人が並んで座れる席が見当たりませんでした。けれど、おばさんが荷物を座席に置いていたので、それを膝に置いてくれると座ることができました。しかし、おばさんは荷物を膝に置く気配はなく、私たちはバラバラに座ることにしました。友人とバラバラに座ることになったことは仕方のないことなのですが、少し混んで来たにもかかわらず荷物を座席に置いたままなのはどうなんでしょうか。重たく大きい荷物なら仕方のないことなのかもしれません。割れそうな物などは仕方ありません。けれど、おばさんの荷物は小さな買い物袋で、重そうな物も割れそうな物も入っているようには思えませんでした。こういう時に、周りを見て判断出来ない人を見ると少し悲しい気持ちになります。公共の物を利用しているわけですから、自分勝手に行動するのではなく、「思いやりの精神が大切だな」と感じた出来事でした。目のクマを改善するには、角質を貯めないことです