準備万端で海水浴に行ったのですが

今年は結婚して初かもしれない、海水浴に行きました。といっても、旦那は釣りをしながら、子供たちは泳いでる。私はもちろん子供の方。若かりし頃と違って焼けるとシミになる。ラッシュガードというものを買いに行きました。いろいろありますね。柄よりも、長いほうがいいと思って、ちょっと長めのものを買ってきました。直前に旦那の買ってきて、用意万端。子供はなしでもいいだろう。
釣りに合わせて、3時に家を出たのかなあ。海水浴だけなら、もっと遅くてもいいのに、そこは譲らない旦那。釣れるんか??
子供は車中で寝てますが、私は付き合い上起きていたほうが家庭円満、夫婦円満ですよね、頑張りました。
現地では子供が起きるまで車中でうとうと。子供7時に起きて、すぐに泳ぐって。まだ日陰ですけど?
目の前に海があったらたまりませんわね。私は太陽を背にして子供と遊びました。そう、太陽を背にして。
ラッシュガード、上は買ったけど、足は買ってなかったんです。忘れてたーてか、気づいてなかった。
太陽を背にしていたので、足の裏がしっかり日焼け。ふくらはぎから太もも裏までしっかり日焼け。皮がむけたのなんか何年ぶりだろう。。油断禁物!です。http://www.eutonabolsa.com

社会人にとっての疲れとストレス

現代社会を生きる社会人にとって、疲れとストレスの2つは大きな敵である。
会社員として仕事をしていく中で、どうしても疲れは溜まるし、ストレスもかかる。それはある意味で避けられないことだし、やむをえないことだ。ほんとうに自分の好きなことを仕事にしている人なんて、1パーセントもいないだろう。他の99パーセントの社会人たちは、さほど興奮しない仕事と毎日向き合い、成果を出して、生活の糧としてのお金を手にしているのだ。
性格が明るい人なら、まさか自分にストレスがかかっているとは思わないだろう。しかし、ストレスというのはおそろしいもので、目には見えないものだから、自分でも無意識のうちに、少しずつストレスを受けているものである。それは、仕事の出来具合いや、職場での人間関係、プライベートでの出来事など、様々なところで顔を出す。
ストレスのかかった状態で疲れがたまると、体調に異変をきたして、病院送りになってしまう。
社会人、特に若手の社会人は、意識的に疲れとストレスを取り除くために、リラックスできる時間を大事にしなくてはいけない。akamaiproperty.com